消費者金融の在籍確認

消費者金融に嘘をついても在籍確認でばれる

消費者金融は、在籍確認をしっかりとして審査を行い融資をしています。したがって、無職の人が嘘を言って利用申し込みをしたとしても、すぐにばれてしまいます。理論上は、協力者がいれば可能ですが、ばれた場合は詐欺などの犯罪になる可能性がありますので、絶対に行ってはいけません。また、刑事責任のみならず、民事上でも債務不履行や不法行為責任を追及されてしまうので、リスクは高くなります。
また、他社の利用状況について嘘を言った場合も、同様にばれてしまうため意味がありません。お金を借りると、信用情報機関に登録されます。そして、申し込みの際にはこれを閲覧することに同意をしなければなりません。この期間は複数ありますが、相互に自己記録については連動していますし、一社が複数に登録している場合はすべてを確認可能です。したがって、事前に利用している業者はほかにないと申告したとしても、絶対にばれます。仮にそれでも融資が受けられる状態であったとしても、虚偽の申告をしたことはマイナスの心証を形成してしまうので、契約を結ぶことができないことになりかねません。それではせっかくのチャンスを逃してしまうことになります。
このように、消費者金融の申込をして審査を受ける際に、嘘を言うことは絶対にプラスになることはありません。お金を借りるときには信用が大事ですので、それを害する行為は自分の首を絞めることになります。したがって、絶対にやめるべきです。