総量規制外のカードローン

総量規制対象のカードローン

カードローン選びでは総量規制が一つのポイントとなってきます。
総量規制は個人向けの過剰貸付を抑制するために制定された法律で、対象となるのは消費者金融や信販会社などの貸金業者です。
具体的には貸金業者は借入総額が本人の年収の3分の1を超える貸付を行ってはいけないという内容です。
ただし銀行カードローンは総量規制対象外のため、年収による法的規制を受けることはありません。

総量規制の対象

  • 消費者金融、信販系カードローン
  • 年収が融資の可否や利用限度額に影響する
総量規制の対象外
  • 銀行カードローン
  • 専業主婦も利用可能
  • 年収制限を受けない

カードローンの種類別にもう少し詳しくみていきましょう。

消費者金融

プロミスやアコムなど大手をはじめ、消費者金融業者は総量規制の対象となります。クレジットカードにキャッシング機能が付随した信販系のカードローンも同様です。
これらの貸金業者での借入条件は安定収入がある、というものですから、年収のない専業主婦は融資の対象外となってしまいます。
アルバイトやパートでも一定の収入が得られる人は返済能力があるとされ、申込みが可能です。
ただし総量規制の関係で注意点があります。すでに他社の借り入れがある人が消費者金融や信販系カードローンに申し込みする場合、
総量規制が審査に大きく影響することがあります。
借入総額が自身の年収の3分の1までに制限されるので、他社借入れ金額によっては審査落ちしたり審査通過しても借りられる金額がごくわずかになる可能性があるので要注意です。

銀行カードローン

新生銀行レイクや三菱東京UFJ銀行といった銀行が提供しているカードローンは総量規制の対象外となります。
法律上は年収による貸付制限はありませんので、一部の銀行では無職の専業主婦を対象としたローン商品も扱われています。
専業主婦が銀行カードローンを利用するには、配偶者に定収入があることが条件となります。

 

専業主婦でも通るキャッシング会社が知りたい方にはこちらのサイトが参考になります。
総量規制の影響を受けない金融機関をチェックしておきましょう。

 

参考サイトタイトル:【専業主婦カードローンセレクト】家族に内緒!主婦の安心銀行借入
サイトURL:http://xn--lcki9a1cc5sf2cwec6643f9r4a8me930d.com/